時間外対応OK

0968-82-8901‬‬‬‬‬

玉名市の鍼灸ができる整骨院

トップページ > お知らせ一覧 > 腰痛になったら気をつける4つの事

腰痛になったら気をつける4つの事

2021/01/09(土)
ぎっくり腰を経験すると、その後の1年間で約4分の1の患者さんが再発するというデータがあります。再び<ぎっくり腰>に苦しまないためにも、常日ごろから腰にできるだけ負担をかけないことが大切です。

そのためには、ぜひ次の4つを守りましょう。

 1、無理な姿勢をとらないこと。前かがみの姿勢や重いものの持ち運びなど、腰に悪い生活習慣をなるべく避けるようにしてください。
 
 2、猫背や片脚だけに重心をかけるなど、悪い体の使い癖に気をつけること。また、長時間の腰かけを避け、時折姿勢を変えるように工夫しましょう。
 
 3、肥満を防ぐこと。太っていると体重が重い分、腰に負担がかかって腰痛が起こりやすくなります。
 
4、適度な運動や体操、ストレッチを行うこと。

腰痛の軽減・予防に効果が期待できる運動や体操がさまざまなメディアで紹介されています。無理のない範囲で日常生活に取り入れ、楽しく体を動かしながら腰椎を支える腹筋や背筋を鍛えましょう。
また、腰まわりのストレッチを習慣づけることも大切です。
  多くのぎっくり腰は、急いで受診する必要のないものですが、加齢などによる腰椎の劣化の進行具合によっては、ぎっくり腰をきっかけにして徐々に腰部脊柱管狭窄や椎間板ヘルニアなどの慢性腰痛に移行していく場合もあるので注意が必要です。 

 また、患者さんの基礎疾患の有無、痛みの現れ方などによっては、別の怖い病気が隠れているケースもあります。

ここからは、絶対に見逃してはいけない腰痛について。

はりねずみ鍼灸整骨院では、しっかりとカウンセリングを行い、以下の症状を疑う場合は
すぐに連携したクリニックや整形外科へご紹介いたします。

悪性腫瘍が脊椎に転移したために起こる腰痛(転移性脊椎腫瘍)、脊椎に菌やウイルスが感染した状態に伴う腰痛(感染性脊椎炎)などです。こうした疾患の場合、かなり強い痛みが安静時や夜間でも持続するという特徴があります。

●安静にしていても冷や汗が出るくらい腰の痛みが強い。(どの体勢も痛くてたまらない)
●胸や背中など、体の別の部位まで痛みが響く。
●脚の痛みやしびれ、排尿困難などの症状を伴う。
●全身の発熱を伴っている。
●最近、転倒などをして腰を痛めたことがある。

 以上のような項目に該当するなら、早急な治療を必要とする腰痛の可能性が高いので「すぐに近くの整形外科やクリニックへ受診」をお勧めします。
 
 一般的な腰痛に対する代替療法は、鍼灸、整体、整骨・接骨、カイロプラクティックなどいろいろあります。腰痛の種類や原因となる病気、患者さんの状態や年齢によっては向かないもの、避けた方が良いものなどもあり、適応は限られています。

正しい治療を進めるべき時期を過ごしてしまい病状、症状を悪化させてしまうケースも少なくありません。 どの治療をどんなタイミングで選択していけばいいのかは、ケースごとに違ってきます。

詳しくは、はりねずみ鍼灸整骨院にご相談ください。

熊本県玉名市山田1750-10

0968-82-8901

水曜日休診

 

All content © 玉名市のはりねずみ鍼灸整骨院 All rights reserved.

865-0066 熊本県玉名市山田1750-10

TEL 0968-82-8901

WEB http://harinezumi-s.com/

事前連絡で時間外も対応OK!

定休日:水曜日・祝日

駐車場:6台完備

キッズルーム有り、お子様連れも安心♪