時間外対応OK

0968-82-8901‬‬‬‬‬

玉名市の鍼灸ができる整骨院

トップページ > お知らせ一覧 > 産後の腰痛と骨盤の開きについて。

産後の腰痛と骨盤の開きについて。

2021/03/02(火)
こんにちは。

今回は産後の骨盤について説明させていただきます。

産後に腰回りに脂肪が付きやすくなり、腰からお尻が丸くなったり、腰に痛みを発したり、頻尿などの産後トラブルが起こるには理由があります。
子供を妊娠した際、リラキシンという女性ホルモンが多く分泌されます。このホルモンの作用により、関節や靭帯が緩まります。
骨盤の恥骨結合(左右の骨盤を繋げている部分)が緩み、分娩時に赤ちゃんが産道を通れるようになるのですが、同時に骨盤が緩む事で、正常な骨盤の位置から歪みが生じてしまいます。
歪みが生じる事で、骨盤周辺の筋肉や神経に過度の負担がかかり、筋肉が硬直します。 これが産後に腰痛になる原因となるのです。
骨盤の歪みは、内臓の位置のズレにも影響します。そして本来の筋肉機能を十分に発揮できなくするため、血液の循環が悪くなり、基礎代謝が低下します。

結果として腰周辺に脂肪が付きやすくなります。また、骨盤が開く事で、骨盤底筋が緩み、尿道の出口をしっかり締める事が難しくなり、頻尿となってしまうケースもあります。

はりねずみ鍼灸整骨院では、産後の骨盤矯正で骨盤を本来の状態に導きます。


 

All content © 玉名市のはりねずみ鍼灸整骨院 All rights reserved.

865-0066 熊本県玉名市山田1750-10

TEL 0968-82-8901

WEB http://harinezumi-s.com/

事前連絡で時間外も対応OK!

定休日:水曜日・祝日

駐車場:6台完備

キッズルーム有り、お子様連れも安心♪